2009年06月24日

死があるからこそ生命は輝く


ある愛の詩 原題:LOVE STORY
製作1970年 アメリカ 監督:アーサー・ヒラー
原作:エリック・シーガル
脚本:エリック・シーガル
出演:ライアン・オニール、アリ・マッグロー


花は散るから美しい。
皮肉なものですが終わりがあるからこそ、
生命は光り輝くものなのかもしれません。

(あらすじ)
オリバーの妻ジェニーは25歳という短い一生を終えた。
これは彼らの愛の軌跡である・・・・・。

男女が出会い、わあわあ言い合いながらも惹かれあっていく
・・・・・日常どこにでもあるような光景だと思います。
でも、彼女が亡くなってしまうことを思えば
たわいのないような事でさえかけがえのない思い出になります。
何にもない平凡な生活っていうのが
実は一番幸せなのかもしれません。

叙情的なメロディーがこれまた胸をうちます。
ここぞという時に奏でられます。
わかってはいたのですが、最後はぼろぼろ泣いてしまいました。


続編も作られているみたいですが、
ここで終わったまんまであまり観たくないかなぁ・・・。


blogram投票ボタン


posted by マミイ at 06:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。