2009年06月11日

ヒトは外見だけじゃないけど


マスク 原題:MASK
製作1984年 アメリカ 監督:ピーター・ボグダノビッチ
脚本:アンナ・ハミルトン=フェラン
出演:シェール、サム・エリオット、エリック・ストルツ、
ローラ・ダーン


『マスク』といっても、ジム・キャリー主演の
名作コメディではないです。
こちらは実際にあったお話で奇病におかされながらも
強く生き抜いた親子の感動ストーリーです。

(あらすじ)
ロッキーは頭蓋骨形成異常という病気のために顔が肥大化し
初対面の人はいつも彼を驚きのまなざしで見ていた。
しかし、母や母の友達たちは彼を特別扱いせず
ロッキーの持ち前の聡明さで明るく過ごしていたが・・・・。


母親役のシェールがすばらしかったです。
悲観的になる事もなく、普通の肝っ玉かあちゃんです。
普通どころか、ドラッグに男連れこみ、とかなりすすんでるかな。
でも、この人はホントにまっすぐなのです。
こういうまっすぐな親に育てられた子供は
まっすぐに育ちます。
大変な病気を持っているロッキーも自分を卑下せず
まっとうに生きてました。

でも、思春期の男の子・・・・やはり外見が気になります。
「ヒトは外見だけじゃない!」っていうけど、
外見が一番に入ってくるわかりやすい情報じゃないですか。
恋愛において外見のハンディってのはどうしようもないかも。
年をとってくると、外見なんてこだわらなくなるけれど。
そのあたりを見るのはちょっとつらかったかな。


お涙ちょうだいモノではない前向きな家族の物語だったけど
それでも涙が出てきました。
ローラ・ダーンもめちゃめちゃキレイでした。



blogram投票ボタン


posted by マミイ at 11:51| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。