2009年06月05日

人は迷える生き物


マイアミ・ラプソディー 原題:MIAMI RHAPSODY
製作1994年 アメリカ 監督:デビッド・フランケル
脚本:デビッド・フランケル
出演:サラ・ジェシカ・パーカー、アントニオ・バンデラス、
ギル・ベローズ、ミア・ファロー


サラ・ジェシカ・パーカーといえばSEX AND THE CITYですが、
違う作品も観てみようと思い鑑賞。
・・・・・今回は結構似たタイプの役でした。

(あらすじ)
グウィンは恋人のマットにプロポーズされ婚約中の身だが
結婚にはいまいち踏み切れないでいる。
そんな時に家族の不倫を知ったグウィンは・・・・・。


結婚ってなんなんでしょうね?(笑)
人はなんのために結婚するのか?
明確な答えってのは出しにくいです。
この映画を観たら不倫をするため・・・って答えになりそう!?
まあ、隣の芝生は青く見えますよねぇ。
付き合いが長くなればなるほど馴れ合いになり
刺激がなくなりますから。

でも、苦難を乗り越えた後にそれでもその相手と
一緒にいたいと思えたならば
その結婚は成功だったのかな、と思います。
結婚はゴールではなく、スタートなのです。

ありきたりのハッピーエンドでは
終わってないところもよかったです。


blogram投票ボタン


posted by マミイ at 03:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。