2009年05月30日

復讐は計画的に!


オールド・ボーイ 原題:OLDBOY
製作2003年 韓国 監督:パク・チャヌク
原作:土屋ガロン(作)嶺岸信明(画)
脚本:ワン・ジョユン、イム・ジュンヒュン、パク・チャヌク
出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン


パク・チャヌク監督の復讐三部作の2作目です。
(私は1作目は未見なのですが。)
復讐するためには執念が必要だなぁと改めて感じました。
・・・・私は根気がないので無理ですな。

(あらすじ)
平凡なサラリーマンのオ・デスはある日突然誘拐され
小さな部屋に監禁されてしまう。
復讐を誓い脱出を試みるデスであったが、
15年の歳月が流れ・・・・・・。


『親切なクムジャさん』でもそうだったのですが、
残虐なシーンはかなりすごいです。
復讐を成し遂げようとする執念に恐怖を感じました。
「愛憎」って単語があるように、愛も憎しみも
ずっと相手を想い続けなきゃできない事なんですね。

『親切なクムジャさん』は三部作の完結編ということでか、
復讐の後のことがすごく気になりましたが、
本作は復讐そのものに焦点があてられてると思いました。


日本の漫画が原作だったなんて知りませんでした。
監禁の理由なんかは原作とは違うそうです。
そして、ハリウッドでリメイクが作られるようです。
監督がスピルバーグで主演がウィル・スミスなのだそうです。
どんな風に仕上がるのか、全く予想ができないです。



blogram投票ボタン
↑よければポチッと押してくださいな。


posted by マミイ at 02:20| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春に歌えば とはまた違った感じで、役に合わせて体重も変化させていて、この映画の主役チェ・ミンシクはすごいなと思いました。
Posted by 蔵星 at 2009年06月05日 20:22
『春に歌えば』は私は観たことがないです。

この映画の冒頭で酔っ払ってクダまいてた
どこにでもいるようなタダのオジさんが
長い監禁生活で別人のように変わってしまったのが
とても印象的でした。

本当にチェ・ミンシクはすごい俳優さんだなと思います。
『春に歌えば』もぜひ観てみたいと思います。
Posted by マミイ at 2009年06月06日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。