2009年05月09日

一人の力は弱くても


バグズ・ライフ 原題:A BUG'S LIFE
製作1998年 アメリカ 
監督:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン、ドナルド・マッケナリー、
ボブ・ショウ


昆虫が主人公なのでなんとなく敬遠していましたが
ところがどっこい、おもしろかったです。

(あらすじ)
アリ達はホッパー率いるバッタに食べ物を捧げるため
重労働をしいられていたが、ある日トラブルメーカーの
フリックがバッタ用の食べ物を全て川に落としてしまった。
責任を感じたフリックは国を出て助けを呼ぼうとするが・・・。


搾取する昆虫はバッタというよりはイナゴみたいな感じでした。
すごく性悪で顔も怖かったです。
ディズニーチャンネルでの鑑賞だったので吹替版を見たのですが
字幕版ではホッパーの声はケビン・スペイシーなのだとか。
悪者ケビンの声も聞いてみたいです。
(評判はかなりいいみたいです。)

一人の力は弱くても、みんなで団結すれば
巨大な力をも凌駕する事ができるという事を教えてくれます。
でも、なかなかその一歩が踏み出せないんですよね。
誰かが声をあげたとしても、勇気を出せなくて
声を出した人が非難されてしまう・・・・
世の中によくある話だと思います。

また、できそこないの頼りない集団に見えても、
やりがいや生きる希望があれば人は変われるという事も
教えてくれています。

あまり騒がれずに終わったディズニー映画ですが、
ストーリーはすごくよかったです。


posted by マミイ at 13:23| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。