2009年04月30日

おバカ・ゾンビ・コメディ


ショーン・オブ・ザ・デッド 原題:SHAUN OF THE DEAD
2004年 イギリス 監督:エドガー・ライト
脚本:サイモン・ペッグ、エドガー・ライト
出演:サイモン・ペッグ、ケイト・アシュフィールド、
ニック・フロスト


私はあんまりゾンビ映画とかは観ないほうなんですが、
コレはおもしろかったです。

(あらすじ)
ロンドンで暮らすショーンは大人になりきれず、
親友エドや恋人リズとパブに入り浸る日々を過ごしていた。
ついにリズに愛想をつかされたショーンは自分を変えようと
決意するが、突然街にゾンビがあふれだし・・・。


最初はゾンビっぽい動きをしていても
全然ゾンビが出なくってあれ〜〜〜っと思うんですが、
(その動きもよくできてます。
よっぽどゾンビが好きなんでしょうね。笑)
後半は結構本格的に出てきます。
私はゾンビがすぐそばにいるのに全く気づかないショーンに
大爆笑しました。

パブのジュークボックスの自動選曲機能もステキでした。
クイーンのDon't Stop Me Nowがあの場面にあうなんて
思いもしませんでした。(笑)

笑わせるだけじゃなくって、しんみりさせる場面もあります。
ダメ人間が奮起すると応援したくなります。
人間はそんなに簡単に変われるもんじゃないけど、
変わろうとするココロ、決意が大事なんだと思います。
あと、人が成長するためには親を乗り越える事も
必要なのかもしれません。


脚本は監督のエドガー・ライトと主演のサイモン・ペッグが
書いてます。
このコンビで『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』
も製作されているようなのでコチラも注目してみたいです。
(本作にも出てましたが、ビル・ナイは『ホット・ファズ』にも
出演しているみたいです。
今度はどんな役なのか密かに楽しみです。)


posted by マミイ at 03:25| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エドガー・ライトって才能ありすぎですよ。

ゾンビをこんな風にポップに描けるなんてセンスが光りすぎ。

クイーンの曲のシーンは見事でした。

『ホット・ファズ』ではさらにセンスに磨きがかかってます。
Posted by shit_head at 2009年05月14日 09:56
『ホット・ファズ』はあちこちで評判なので
とっても気になってます。

ポップなゾンビ・・・すごいセンスですよね。
ラストもステキでした。
Posted by マミイ at 2009年05月15日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。