2009年04月03日

すべて他人事、のような

パリ、18区、夜。 原題:J'AI PAS SOMMEIL
製作1994年 フランス 監督:クレール・ドニ
脚本:クレール・ドニ
出演:カテリーナ・ゴルベワ、リシャール・クルセ


登場人物が何人か出てくるのですが、
誰も本心をさらけださず、淡々とした視点で描かれた映画でした。
結構大きな事件が起こっているのに、どこかみんな冷めていました。

(あらすじ)
ダイガは女優になるために故郷を捨て親戚を頼り
パリにやってきた。
安ホテルの物置を間借りすることになったダイガは
カミーユという女性の名を持つゲイの青年を見かけるが・・・。


一応ダイガが主人公なのかなぁ???
とにかく無口で(フランス語が堪能ではないという
理由もあるけど)、何を考えているのかわからない女性でした。
でも、女優を目指しているだけにべっぴんさん♪
それとカミーユの兄テオの子供がめっちゃかわいいので
お話とは別の部分で癒されました。

人物の描かれ方がとにかく冷たいです。
ダイガもカミーユもあまり語らないので
なぜ、そんな事をしてるのか?がわからない時が
多々ありました。

ダイガもカミーユもそれぞれ警察沙汰になったりするのですが、
それでも、取り乱すことは全くなく、
まるで他人事のようにとらえてるような感じがしました。

隣人が何をしてるか知らない、
そんな都会の殺伐とした雰囲気が作品中に漂ってました。
他人に冷たいと、自分にも冷たくなってしまうのかも。


posted by マミイ at 09:41| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。