2009年03月28日

こじつけだすと、止まらない


ナンバー23 原題:THE NUMBER 23
製作2007年 アメリカ 監督:ジョエル・シューマカー
脚本:ファーンリー・フィリップス
出演:ジム・キャリー、バージニア・マドセン、
ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン、リン・コリンズ


予告がおもしろそうだったのですが、
結局映画館に行けなかった作品です。
オープニングは血みどろで23の羅列が怖くって
夜中に鑑賞するのをやめようかと思ったほどですが、
ホラー色はそれほど強くはなかったです。
(流血シーンがあるからか、R-15指定です。)

(あらすじ)
ウォルター・スパロウは平凡な男であったが、
自身の誕生日である2月3日に妻が偶然古本屋で見つけた
「ナンバー23」という本を読み出してから、
本の主人公と自分に奇妙な共通点があることを見つけ
「23」という数字にのめりこんでいく・・・・・。


数字を足すと23になる、ぐらいだとまだわかりやすいですが、
○と□を足して、4で割ると23になる!!!とかいって
驚いているのはちょっとどうかな、と思いました。
血液型占いとかも当てはめようと思えば、
何でもあてはまっていきますからね・・・・・。

オープニングで意味ありげな23のネタが尽きたのか
(しかもかなりのスピードで出されていくため、
全部を覚えきれません。)
2453という看板が電柱で真ん中が隠れて
「23」に見えるとか、結構苦しかったです。

でも、主人公ほどではないけれど、
何かに当てはめようとした事は誰にでもあると思います。
どこに何をあてはめるのか、が重要なポイントなのです。
悪いとこばかり見てたら、結局人生を損しちゃうのです。

そういえば、小説の著者が誰なのか、という謎解きよりも
画面の中に23が隠されているんじゃないか?と
そればっかり気になってた私も
実は「23」の虜だったのかもしれません!?


posted by マミイ at 01:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。