2009年03月23日

暗号解読のドキドキ感


エニグマ 原題:ENIGMA
製作2001年 ドイツ・イギリス 監督:マイケル・アプテッド
原作:ロバート・ハリス
脚本:トム・ストッパード
出演:ダグレイ・スコット、ケイト・ウィンスレット、
サフロン・バロウズ、ジェレミー・ノーサム


前にも観たことがあったのですが、
ケイト・ウィンスレットが出てたって知りませんでした。
戦時中のお話だし、主人公の性格のためか
割と暗めのお話なのですが楽しめました。

(あらすじ)
第二次世界大戦下のイギリス、ドイツの複雑な暗号装置エニグマの
暗号コードが急遽変更されたために数学者のジェリコは
再び暗号解読センターに呼び戻される。
センターを去るきっかけとなった女性クレアは失踪しており、
諜報部からスパイ容疑もかけられたジェリコは・・・・・。


ドイツの暗号解読、元恋人の失踪、スパイ・・・・と
色んな謎がとびかっていてかなりスリリングです。
Uボートの位置を見つけないと大船団が虐殺されてしまう
という場面では潜水艦が迫りくる感じがドキドキでした。

ケイト・ウィンスレット演じるヘスターは
クレアの引立て役という感じで
ケイトもちょっとムッチリしてました。
でも、よく見るとやっぱりカワイイので
そのあたりはさすがです。

主人公の天才数学者は性格も粘着質で
不法侵入したりとストーカーちっくでちょっとキモいのですが、
ケイト・ウィンスレットがいい意味で
ブレーキをかけてくれてたのでよかったです。

ラストはちょっと思わせぶりな部分もあるのですが、
あのカップルが幸せになりそうな予感がしてステキでした。
女性ってのは、天才数学者をもってしても
解読できないミステリーなのかもしれませんね。


posted by マミイ at 09:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。