2009年03月20日

グラス片手に・・・


酔いどれ詩人になるまえに 原題:FACTOTUM
製作2005年 アメリカ・ノルウェー 監督:ベント・ハーメル
原作:チャールズ・ブコウスキー
脚本:ベント・ハーメル、ジム・スターク
出演:マット・ディロン、リリ・テイラー、マリサ・トメイ


前述の作家チャールズ・ブコウスキーの売れる前の時代を書いた
自伝的小説の映画化です。
マット・ディロンがこ汚いオヤジを演じていましたが、
本人はもっとこ汚かったんだろうなぁと思いながら観ました。(笑)

(あらすじ)
自称作家のヘンリー・チナスキーは仕事をしながら
原稿を出版社に送る毎日。
隙あらばサボって酒を飲むので仕事はいつも長続きしなかった。
ある日バーでジャンという名の女性に出会い、
いつしかジャンの家に転がりこむチナスキーであったが・・・。


作品中を気だるい雰囲気が覆う大人な映画です。
ウイスキーのグラス片手に酔いどれながら
ゆっくりと観たい感じです。
・・・・・ま、私はウイスキー飲めないんですけど。

こ汚い、酔いどれのろくでなしが主人公なんだけど、
ダメ人間なんだけど暖かく見守ってあげたくなります。
仕事は長続きしないけれど、とにかく執筆は続けた、
書くことに関してはとってもピュアなヒトだったのだろうと
思いました。

この映画の原作は「勝手に生きろ!」なのですが、
ブコウスキーに興味を持ったので
とりあえず、短編集から読んでみたいと思い
「町でいちばんの美女」というのを買ってみました。
明日届く予定なので楽しみです♪




posted by マミイ at 20:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。