2009年03月10日

最後の最後まで戦い抜く


ラスト・オブ・モヒカン 原題:THE LAST OF THE MOHICANS
製作1992年 アメリカ 監督:マイケル・マン
原作:ジェームズ・フェニモア・クーパー
脚本:マイケル・マン、クリストファー・クロウ
出演:ダニエル・デイ=ルイス、マデリーン・ストー、
ラッセル・ミーンズ、エリック・シュウェイグ


ジャンルは歴史ものなのかもしれませんが、
私的には大河ラブロマンスものだと思っています。
壮大なテーマ曲の中、ダニエル・デイ=ルイスが
森の中を疾走しているだけでぐっときます。

(あらすじ)
ホークアイは白人孤児であったが、インディアンのモヒカン族
チンガチュックに息子同然に育てられた。
折りしも英仏戦争が激化、英国開拓民と共に民兵の要請を
受けたがホークアイ達は断った。
しかし、英国大佐の娘たちが襲われている現場に遭遇し、
娘たちを砦まで送ることにするが・・・・。


とにかくホークアイや弟のウンカスがかっこいいのです。
いつ死ぬかわからないときに出会ったら、
一目で恋に落ちるのも不思議じゃないです。

インディアン(ネイティブ・アメリカンと書くべきか
迷ったのですが、チンガチュック役のラッセル・ミーンズが
「自分たちはアメリカ・インディアン」だと言っているので
こう書きました。)は本当はこの戦争には関係ないはずなのに
巻きこまれ、絶滅させられちゃったのでしょうか。
(歴史に詳しくないので間違っていたらごめんなさい。)
黒人差別もそうですが、自分たちとの人種の違いだけで
偏見を持っていた世の中を考えると悲しい気持ちになりました。

とはいえ、自分たちの民族に誇りを持つという事も
血の違いがあるからこそできることで
偏見を持つのではなく、お互いの違いを認め合えたら
ステキだろうなぁと思います。


主人公はダニエル・デイ=ルイスなのかと思っていたら、
最後の最後で違うのだな、と思いました。
ラストの独白は胸にひびきます。


posted by マミイ at 12:54| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもです。
大学時代、部活の合間をぬって見に行きましたよ、この映画!
M・ストーに惹かれたのと同時に、白人が少し嫌いになった覚えがあります。
しょうもないコメントですみません。。。
Posted by いてまえ太郎 at 2009年03月12日 20:54
こちらのブログにもコメントありがとうございます♪
いえいえ、全然しょうもなくないです。
私こそ、しょうもない記事ばっかり書いて恐縮です。

美人姉妹でしたね。
出番が少なかったですが、妹もなかなか素敵でした。

私は最初に観た時はかっこよさにばかり目を奪われ、
深いところまでは全く考えていませんでした。
ミーハーなんです。(笑)
Posted by マミイ at 2009年03月14日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。