2009年03月08日

友情物語ではないような


ドライビング Miss デイジー 原題:DRIVING MISS DAISY
製作1989年 アメリカ 監督:ブルース・ベレスフォード
原作:アルフレッド・ウーリー
脚本:アルフレッド・ウーリー
出演:ジェシカ・タンディ、モーガン・フリーマン、
ダン・エイクロイド


年をとるとほとんどの人は頑なになってしまいますが、
意固地で頑ななことはいい事ではないけれど、
悪いことではないな〜と思いました。

(あらすじ)
デイジーは未亡人で気丈な女性。教職を退いた後も、
社長である息子のブーリーと離れて一人暮らしをしていた。
ある日車で事故を起こしかけたデイジーの身を案じたブーリーは
ホークという黒人の運転手を雇うが・・・・・。


最初から最後まで割と年月が経っている映画です。
が、ジェシカ・タンディもモーガン・フリーマンも
物語が始まった頃からすでに結構いい年なので
外見はそんなに変わらないので
セリフや息子の変わりようで判断するしかないです。
(気づかない私がぼけてるだけなのかも。)

女主人と運転手の友情のお話・・・・なのかなぁ。
私はそうは感じませんでした。
モーガン・フリーマンは決して馴れ合わず、
常に尊敬の念を持ってジェシカ・タンディに接していました。
とはいえ、お互い気心がしれた頃を見るのは
とても暖かい気持ちになれました。

特に大きな事件もなく時が過ぎていくので
ちょっと物足りなさを感じてしまうかも。
穏やかすぎて波風がほとんど立っていないドラマでした。


posted by マミイ at 00:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。