2009年03月04日

苦悩する保安官


コップランド 原題:COPLAND
製作1997年 アメリカ 監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:ジェームズ・マンゴールド
出演:シルベスター・スタローン、ハーヴェイ・カイテル、
ロバート・デ・ニーロ、レイ・リオッタ


スタローン主演でコップ・・・ということで
バリバリの警察アクションものかと思っていたら
まったく違いました。
苦悩するスタローンも違う味があってよかったです。

(あらすじ)
NY市警の警官が多く住む郊外の町ギャリソンは
通称コップランドと言われ、人々は平和に暮らしていた。
保安官のフレディは片耳が悪く、警官を志望していたが
なれないままでいる。
ある日警官の誤射事件が起こり、被疑者は自殺するが・・・・。


保安官の立場って警官より低いのですね。
なりたいのになれない憧れの職業の人を取り締まる・・・
フレディの苦悩ははかりしれないと思います。
スピード違反やら駐車違反は見逃さないといけないと言う
権力的な問題もあったみたいですし。

大物俳優が多数出演してますが、ストーリーは
少し小さくまとまってしまった感があります。
権力に対するどうにもならなさとかは感じるのですが、
もうちょっとドッカ〜〜〜ンと爆発させてほしかったかも。
デ・ニーロ演じる内務調査官もほとんど仕事してないし。

個人的にはレイ・リオッタがよかったです。
陰のある人物が相変わらず似合ってました。


posted by マミイ at 09:10| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 蔵星 at 2009年03月04日 18:00
蔵星さん、ご連絡ありがとうございます。

後ほどリンク変更して遊びに行かせてもらいま〜す。
Posted by マミイ at 2009年03月04日 20:36
これは人間ドラマとして相当良くできていたと思いましたね。

そう。
やはりリオッタが素晴らしかったです。

リオッタで持ってる映画。
Posted by shit_head at 2009年03月09日 07:30
リオッタは素晴らしいですね。
スタローンも渋い演技を見せてくれましたが、
やっぱりリオッタに目がいってしまいます。
Posted by マミイ at 2009年03月09日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。