2009年02月04日

うまれたて!


レプリカント 原題:REPLICANT
製作2001年 アメリカ 監督:リンゴ・ラム
脚本:ローレンス・デビッド・リギンス、レス・ウェルドン
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、マイケル・ルーカー


実は私、ヴァン・ダムが出ている映画を観た事がないのです!
今回が初ヴァン・ダムでした。
ちなみにセガールが出てるのも観た事ないです。

(あらすじ)
母親ばかりが惨殺されるトーチ事件を追う刑事ジェイク。
犯人の足取りが全くつかめず、疲れたジェイクは辞職するが
彼の元にNSAのエージェントが現れ、犯人のDNAから作った
レプリカントを元に犯人を逮捕するよう
ジェイクに依頼するが・・・・・。


ストーリーの事はアレコレ言っちゃいけないと思います。
こんな精巧にクローンを作る事ができるんなら、
ジェイクに頼らなくっても事件を解決できるはずですから!笑

オリジナルVSクローンのヴァン・ダムの熱い闘いがみられると
思っていたのですが、レプリカントは正にうまれたてで
何にも知らなくってある意味かわいさを覚えました。
真剣勝負が観たいのならジェット・リーの『ザ・ワン』を
観た方がいいかも。
まあ、こちらも・・・な作品ですが。私は好きですけど。


レプリカントはテレパシー能力が強化されていて
体操のビデオなどを見て同じように正確に真似ができます。
(「HEROES」でも同じことできる能力の女の子いましたね。)
体操技で敵?をやっつけるのですが、
鮮やかに倒した後で思わず着地のポーズを
決めてしまったためにスキができてやられるなんて
マジなんだかギャグなんだかわかりません。

妙にオドオドした小動物のようなヴァン・ダム
(カラダはでっかいんだけどね!)を楽しめる映画です。
アクションはマイケル・ルーカーの方が
見所はいっぱいあるかも。


posted by マミイ at 07:06| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴァンダム素晴らしかったです。

マイケル・ルーカーに虐待されて怯えるトコで涙出た。
Posted by shit_head at 2009年02月07日 21:39
私は娼婦を前にしての童貞演技の素晴らしさに涙しました。

あの後着替えもせずに、前がカピカピのズボンで闘ったんじゃないかと…。(笑)
Posted by マミイ at 2009年02月09日 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。