2009年01月19日

イメージを壊さないでほしい


L change the WorLd
製作2008年 日本 監督:中田秀夫
原作:大場つぐみ、小畑健
脚本:小林弘利
出演:松山ケンイチ、福田真由子、工藤夕貴、高嶋政伸


『DEATH NOTE』のキャラクターLが主人公のスピンオフ映画です。
漫画では月派で映画で松山L派に寝返った私としては
たくさん松山Lがみられて嬉しかったけど・・・・・。


(あらすじ)
キラ事件を無事に解決したLであったが、
自分の寿命は残りわずかで、ワタリも死亡してしまい
払った犠牲も大きかった。
そんな折、ウイルス兵器が東南アジアの村で実験され
感染しなかった少年を保護する事になるが・・・・・。


劇場版の『DEATH NOTE』が漫画とは違うラストになっていたので
本作は完全オリジナルです。
Lって飄々としていて神出鬼没、何を考えてるのか
さっぱりわからないという謎いっぱいのキャラだったのですが
ワタリがいなくなって、人間っぽくなった感じがしました。
私は猫背じゃないLはLじゃないと思います!(笑)

お話も最初は村を丸々焼いてしまったりと
壮大なスケールではじまったのですが、
ラストは結構グダグダで、小さくまとまったな感が
否めませんでした。
敵が弱すぎ、というか思想がむちゃくちゃで
統一されてなかったのが残念でした。


松山クンは今回も役になりきっていてました。
色んなお菓子を串刺しして、変な手つきでパソコンを操る
・・・・・これこそがLなのです。

あと、主題歌がレニクラなのです。
『DEATH NOTE』はRHCPだったし、
すごいな〜と変なところに感心してます。


posted by マミイ at 06:54| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。