2009年01月13日

小さなお庭ででっかい冒険!


アーサーとミニモイの不思議な国
原題:ARTHUR AND THE MINIMOYS
製作2006年 フランス 監督:リュック・ベッソン
原作:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン、セリーヌ・ガルシア
出演:フレディ・ハイモア、ミア・ファロー
声の出演:マドンナ、ロバート・デ・ニーロ、デヴィッド・ボウイ


予告を見た時はあんまり期待していなかったのですが、
テンポも良くって割とおもしろかったです。
見慣れてくると、ミニモイもかわいく思えてくるし・・・。
(あらすじ)
アーサーは祖母と2人で暮らしている。
4年前失踪した祖父の借金のため立ち退きを迫られてしまい、
冒険家の祖父の隠した宝を探すため
家中を調べ始めるが・・・・・。


宝の地図っていうだけでワクワクしてしまいます。
舞台はアメリカのコネチカットなのに
突然、アフリカの部族が登場したりしますが、
そんなコトはどうでもいいです。(・・・いいのか!?)

ミニモイの世界と人間界が微妙にリンクしているのも
おもしろかったです。
フレディ・ハイモアくんに全く似ていないCGになるのも
これはこれでOKだと思います。
(ミニモイ族と人間は年のとり方が違うみたいだし。)


監督は引退宣言しているようですが
アーサーは三部作のようですね。
どんなお話になるのか、楽しみです。


posted by マミイ at 01:44| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 冒険・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リュック・ベッソンのミニモイ姿が好きです。
Posted by 蔵星 at 2009年01月15日 18:39
かわいかったですよね、リュック・ベッソン。(笑)

エンドロールでペタペタ歩いてくる姿がよかったです。
最後まで楽しめる映画でした。
Posted by マミイ at 2009年01月16日 06:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アーサーとミニモイの不思議な国(2007年) 試写会
Excerpt: リュック・ベッソン監督が放つ、実写と3Gを融合したアニメは、どんなかな? 字幕版ではなく、日本語吹き替えでの上映との司会のアナウンサーの声で、会場が少しざわめきました。 字幕を期待していたのに~(..
Weblog: Jelly Beans vol.2
Tracked: 2009-01-15 18:40

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。