2009年01月10日

大人は何ができるんだろう?


それでも生きる子供たちへ 原題:ALL THE INVISIBLE CHILDREN
製作2005年 イタリア・フランス
監督:メディ・カレフ、エミール・クストリッツァ、スパイク・リー
カティア・ルンド、ジョーダン・スコット、リドリー・スコット
ステファノ・ヴィネルッソ、ジョン・ウー
脚本:メディ・カレフ、ストリボール・クストリッツァ、
サンキ・リー、ジョイ・リー、カティア・ルンド、
ジョーダン・スコット、ディエゴ・デ・シルヴァ、
ステファノ・ヴィネルッソ、リー・チャン


色々な国の子供達を描いたオムニバス映画です。
ユニセフと国連世界食糧計画が賛同しています。
戦争や貧困、病・・・・・子供にも容赦なく
困難はふりかかっています。
少年兵士や窃盗を繰り返す少年、親からHIVに感染した子供などを
題材にした8つの短いお話で構成されています。
こういうのをみると、やっぱり日本は平和だな〜と思います。

一番立場が近かったのは最後のジョン・ウーに出てくる
ソンソンという女の子かな。
物にあふれていても不幸な子供っていうのはいるというのを
きちんと描いていました。
まあ、うちはあそこまでお金持ちじゃないですが。

かわいそう、で終わってはダメだけど
次にどういう一歩を踏み出したらいいのか、迷ってしまいます。
私はプラン・ジャパンという団体で
月々微々たる金額をある国のチャイルドに送っていますが
お金だけ出せばいいっていう問題ではないですよね。
子供達が笑って暮らしていける世の中になるといいなぁ。


posted by マミイ at 06:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。