2008年12月11日

これでいいの・・・か?


コクーン 原題:COCOON
製作1985年 アメリカ 監督:ロン・ハワード
原作:デビッド・サパースティン
脚本:トム・ベネディク
出演:ドン・アメチー、ウィルフォード・ブリムリー
ヒューム・クローニン、ジェシカ・タンディ


私は基本的にじーちゃん、ばーちゃんが好きなので
老人が元気な映画は好きで見ていて元気がもらえます。
本作も途中はすっごくよかったんですが・・・・。

(あらすじ)
フロリダにある養老院に住む3人は無人の隣家に不法侵入し
プールに入っては遊んでいた。
ある日隣家を借りた人々がプールにあやしげな
岩のような物体を沈めていた。
そのプールで泳いでから3人は若さを少し取り戻す。
実は隣に越してきた人々は異星人で・・・・・。


私は33歳ですからそろそろ体力的にも精神的にも
悲しい事に衰え始めてます。
(最近名詞が出てこずアレ、アレ、ばっか言ってますわ。)
これから先、もっともっと年を重ねたら・・・
正直想像できないです。

老いぼれてお迎えを待つだけとなってしまった時に
ちょっとだけ若返る事ができたとしたら
すっごく嬉しくなるんでしょうね。
嬉々としてクラブやボーリングに通うお年寄り達が
ラブリーでした。


映画なので当然多少の波風は立ちますが、
ラストまで割とあっさり過ぎていきます。
そして、ラストもかなりあっさり。
この映画は不老不死がテーマ・・・・なのでしょうか。
皆さんかなりお年を召しておられますが。

すごくあっさりと終わったので
これでよかったのかな〜とちょっと疑問に思ってしまいました。
まあ、私が同じような状況になっても
同じような選択をすると思いますが。


posted by マミイ at 02:13| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。