2008年12月07日

誰も信じちゃいけない!?


グッド・シェパード 原題:THE GOOD SHEPHERD
製作2006年 アメリカ 監督:ロバート・デ・ニーロ
脚本:エリック・ロス
出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー
アレック・ボールドウィン、ロバート・デ・ニーロ


FBIは最近よく海外ドラマ見てるんで何となくわかりますが、
CIAって何をやってるのか実はよく知りませんでした。
情報を操る機関なので秘密が多くて
味方すら信じられない状況は実際にすんごく緊張しただろうな
と思いました。

(あらすじ)
1961年キューバのピッグス湾に亡命キューバ人が上陸を試みたが
CIAから情報が漏れ、作戦は失敗に終わる。
諜報員のエドワード・ウィルソンは内部スパイの
調査を始めるが・・・・・。


基本的に1961年の内部スパイ探しと
第二次世界大戦時代のエドワードのお話を
行ったりきたりしながらお話はすすんでいきます。
私は最初ついていけず、ちょっとこんがらがりました。

ジェイソン・ボーンシリーズでマッチョなCIAを演じた
マット・デイモンですが、
今回は無表情で何を考えてるのかわかんない感じです。
人を信じちゃいけないと教えこまれているので
誰にも自分をさらけだせない為かもしれません。

エドワードの奥さんがジョリー姐さんなわけなのですが、
姐さんも肉体派は封印、片眉をあげることもありませんでした。
(私的にはちょっと残念!?)
夫が遠く離れた異国で働いているだけでなく、
精神的にも離れているので、奥さんとしては
つらかっただろうなと思います。

その他もデ・ニーロ監督か、製作総指揮のコッポラのおかげか
か〜な〜り豪華キャストです。
出演者で書き出すとキリがないくらいです。
ジョー・ペシもちょこっとだけ出てますが、いい感じです。
ジョン・タトゥーロの拷問はめっちゃ怖いです。
最近私が気になってるガブリエル・マクトは
今回もステキでした♪
(残念ながら、出番は少ししかなかったけど。)


そういえば、私はシェパードというと警察犬か
千昌夫の元奥さんぐらいしか(さすがにもう古いか)
思いつきませんが、羊飼いという意味だそうです。
「よき羊飼い」っていうのが聖書に出てくるらしいです。
よき羊飼いは羊のために命を捨てるのだそうです。
この場合の羊って何を表してるんでしょう?
意味深ですよね・・・・。


posted by マミイ at 03:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。