2008年12月04日

神に愛される人間

傷だらけの栄光 原題:SOMEBODY UP THERE LIKES ME
製作1956年 アメリカ 監督:ロバート・ワイズ
原作:ロッキー・グラジアノ、ローランド・バーバー
脚本:アーネスト・レーマン
出演:ポール・ニューマン、ピア・アンジェリ


実在のボクサー、ロッキー・グラジアノの半生を描いた映画です。
(ボクシングでイタリア系、名前がロッキーっていうと、
スタローンを思い出してしまいますけど。)
若い時のポール・ニューマンってギラギラした役が多くて
ちょっと苦手だったのですが、本作では
めちゃくちゃかっこよくってシビレました。
(あらすじ)
NYの下町で生まれ育ったロッキーは
少年時代から悪行を繰り返し、
施設に送り込まれては脱走を繰り返していた。
ロッキーは徴兵された後も軍の規律を守らず懲戒除隊となり
刑務所にいれられ、そこでボクシングと出会う・・・・・。


序盤はの入り方が素敵でした。
暗闇に逃げていくロッキー少年、
追っていた警官達は「ろくな人間にはならない。」と言い
次の瞬間には青年のロッキーが登場・・・・・
早くもひきこまれました。

そして序盤のロッキーはどうしようもないワルです。
恐れるものは何もなく、片っ端から噛み付いていきます。
それがボクシングと出会ってから変わっていきます。
ボクシング自体との出会いがよかったのではなくって、
周りの人との出会いがよかったのだと思います。

後に妻となるノーラと出会ったロッキーの純情な事!
誠に微笑ましくって、見ててニヤニヤしてしまいました。
ノーラはカワイイだけでなくって、
ここ一番という時にビシッとしてるのも素敵でした。


とんとん拍子とまではいかなくっても、
周囲に支えられまっとうな道をすすめたロッキーは
原題の通りSOMEBODY UP THERE=神様 に愛された
人間なのでしょうね。


posted by マミイ at 16:50| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。