2008年11月11日

シュールな世界


裸のランチ 原題:NAKED LUNCH
製作1991年 イギリス・カナダ 監督:デビッド・クローネンバーグ
原作:ウィリアム・バロウズ
脚本:デビッド・クローネンバーグ
出演:ピーター・ウェラー、ジュディ・デイビス


かなりシュールな世界観の映画でした。
と思ったらドラッグの映画だったんですね。
ゴキやムカデが苦手な人はやめといた方がいいです。

(あらすじ)
害虫駆除員のウィリアム・リーは妻ジョーンが
殺虫剤を麻薬として使用していることに気づく。
ある日麻薬捜査官に連行されたウィリアムの前に
巨大な虫が現れ、スパイの話を始めた・・・・・。


虫とか粘液とか生理的にゾワゾワするものが多数出ます。
これを大スクリーンで観たら・・・・うなされちゃうかも。
ドラッグ映画っていったら『トレインスポッティング』を
思い浮かべるのですが、トリップ感というよりは
本作は異常な世界に入りこむといった感じがしました。
どこからが現実なのか、夢(妄想)なのか全くわかりません。
本作全て、始まった時から妄想なのかも。

出てくる虫がとにかく気持ち悪いです。
口・・・っていうか肛門?
しゃべる時に開いたり閉じたりするのも
・・・・あぁ、思い出しただけでゾワゾワします。

終わり方も唐突、というか、終わらないです。
この先も延々とトリップしてるんだろうな〜。
元気がない時にみたら魂もってかれそうな映画でした。


posted by マミイ at 07:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。