2008年11月10日

夢か、現実か


ウェイキング・ライフ 原題:WAKING LIFE
製作2001年 アメリカ 監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター
声の出演:ワイリー・ウィギンズ、イーサン・ホーク


不思議な映画でした。
一応アニメなんですが、実写映像に色を塗ったので
今まで見慣れているアニメとは色使いが違っていて
慣れるまで時間がかかりました。
言ってる事も哲学的ですごく難しく、頭で処理するのが大変でした。

(あらすじ)
男はある日自分が夢の中にいる事を知る。
何度も目覚めるが、目覚めた後も夢の中。
男は様々な夢を見るが・・・・・。


今、私たちがいる世界が夢なのか、現実なのか、
どうやって区別したらいいのでしょうか?
私は中学生の頃、江戸川乱歩の「人間椅子」やら
「屋根裏の散歩者」とかを読みふけっていました。
江戸川乱歩の座右の銘は
「うつし世は夢 よるの夢こそまこと」なのですが、
この言葉を知った時はすごく衝撃を受けました。
この映画を観て、その時のコトがよみがえりました。

夢だろうが、現実だろうが
本人が満足できる世界がどこかにあればいいなぁと思います。
本人さえよければ、それでいいじゃん!
・・・・・っていうのはダメなんでしょうか。


posted by マミイ at 01:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。