2008年11月04日

好きだけじゃダメ・・・・なのかな


神童
製作2006年 日本 監督:萩生田宏治
原作:さそうあきら
脚本:向井康介
出演:成海璃子、松山ケンイチ


松山ケンイチさん出演という事で観ました。
今回は凡人役。
ちょっとボサ〜ッとしたところがあるフツウの青年を
見事に演じてました。
観るたびに印象が違うけれど、好きな俳優さんです。

(あらすじ)
和音(わお)は音大を目指し必死にピアノの練習をする浪人生。
次の試験で落ちると家業の八百屋を継がなくてはならない。
ある日、和音は人あたりは最悪だがピアノは天才的な中学生
うたと出会う・・・・・。


ピアニストの人ってすごいな〜って思います。
なんで指があんな風に動くんでしょうね?
松山くんも璃子さんももちろん吹き替えなのですが
自然な感じで観れました。
私は音楽は好きですが、上手い下手はまったくわかりません。
好きだけじゃやっていけない厳しい世界ですよね。

うたはコミュニケーション能力は最低に近いですが、(笑)
和音に対してだけはとっても素直です。
とはいえ、平気で「ヘタクソ!」とか言うし
年上だと思ってないみたいだし
和音はかなりうたのペースに巻き込まれてるんですけど、
二人の関係がよかったです。

お互いに魅かれあってはいるんだけど、いやらしくないのです。
夜に密室に二人っきりなんて色っぽいシチュエーションも
和音とうたは平気。和音が子供っぽいからかな。
二人はピアノが好きという共通点があって
お互いを認め合っている・・・・
友達でもなく、兄妹でもなく微妙な距離感がよかったです。


我が子にとんでもない才能があるとわかれば
伸ばしてあげたいというのが親心。
でも、無理強いすればするほど頑なになっていく。
まるで「北風と太陽」ですね。
うたの母親が必死になるのもわかるし
うたが反抗してピアノを弾きたくないって気持ちもわかる。
こういう時、親はどういう対応したらいいのか
とっても難しいですね。
最近、親子が出てくる映画はめっきり親目線で観てしまいます。


posted by マミイ at 06:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。