2008年10月21日

チグハグな違和感


ハンニバル・ライジング 原題:HANNIBAL RISING
製作2007年 アメリカ・イギリス・フランス
監督:ピーター・ウェーバー
原作:トマス・ハリス
脚本:トマス・ハリス
出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス


公開当時からかなりの酷評だった本作。
覚悟して観ました。
・・・・・・かなりの覚悟が必要です。

(あらすじ)
1944年のリトアニア、戦時下で両親を亡くしたハンニバル少年は
山小屋で妹ミーシャと暮らしていたが
逃亡兵に発見され飢餓寸前だった彼らに妹を殺されてしまう。
復讐を誓ったハンニバルは・・・・・。


血も涙もない冷酷な怪物がどのように誕生したのか?
というお話なのです。
・・・・・が、どうです?これだけ悲惨な体験をしたのだから
精神が崩壊して怪物になったとしても仕方がないでしょう?
と言われているみたいで素直に納得できなかったです。
ココから観始めたら入りこめるのかもしれないですが、
彼が復讐しようとしている元兵士よりもレクター博士の方が
よっぽど残虐な事してましたし!(爆)

ギャスパー・ウリエル君・・・・・
予告編や宣伝でのインタビューでは男前にみえたのに
本作は青っちろい感じで、左右非対称な笑みが
(幼い頃犬に噛まれた傷だそうですね・・・)
より薄気味悪さをかもしだしていました。
ギャスパー君ほどの男前が年を取ると
ホプキンスさんに変わっちゃうってのが
最大の違和感だったのかもしれません!?

原作を呼んだ事のない私の勝手なイメージのレクター博士は
おいしそうだから殺し、食べちゃったという人。
人を殺すのに復讐なんて大義名分は必要のない人なのです。
だから違和感を感じまくりでした。
この世に生を受けた時からワイングラス片手に
「ルネッサ〜〜〜ンス!」・・・・・・ではなくって、
人の血を楽しむというぐらいの怪物っぷりが観たかったので
変にしみったれたお涙ちょうだいのお話は
私的には違和感しか感じませんでした。
DMCの歌じゃないけれど、
俺は父ちゃん母ちゃんいない。それは俺が殺したから!
ぐらいのクレイジーさが欲しかったです。
(でも、それだとサスペンスじゃなくってホラー映画に
なっちゃうかな。)


そうそう、ところで話は変わりますが、
逃亡兵のリーダー格リス・エヴァンス。
どっかで観た事があると思ったら、
『ノッティングヒルの恋人』でヒュー・グラントと
同居していたおもろい兄ちゃんでした。
シリアス路線もかなりイケテます!


posted by マミイ at 00:43| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに、前作の知識があると、違和感を感じますね。でも、私は「これはこれでアリかな」と感じました。

ただ、アメリカって、日本をまだ誤解してるんだなと思うシーンが多々あった点は残念でした。
Posted by 蔵星 at 2008年10月27日 00:52
前作に愛着があればあるほど
本作に不満が募る・・・・という
不思議な映画でした。
(まあ、私はそこまでのコアなファンではないのだけど。)

日本っていまだに神秘的な国なんですかね。
「ヒーローズ」の日本観もすごかったですし。
Posted by マミイ at 2008年10月27日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ハンニバル・ライジング(2007年)
Excerpt: 「ハンニバルに同情してしまう私は、間違っているんでしょうか…。」 レクター博士が、なぜ人を食べるようになったのか。それがハンニバルシリーズ四番目のテーマになってます。 観ていて、とても悲しくなりま..
Weblog: Jelly Beans vol.2
Tracked: 2008-10-27 01:02

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。