2008年10月18日

キャストが変わっても


ホーム・アローン3 原題:HOME ALONE 3
製作1998年 アメリカ 監督:ラージャ・ゴスネル
脚本:ジョン・ヒューズ
出演:アレックス・D・リンツ


日テレやフジの地上波映画って新作映画の監督さんや
俳優さんの作品を放送する事が多いですが
今回、誰かと思ったら主役の男の子の姉役の
スカーレット・ヨハンソンでした。
解説聞くまで知らなかったです。
チョイ役なので、そこ出す〜〜〜!?って思っちゃいました。笑

(あらすじ)
アレックスは隣の気難しい老婆の家の雪かきをして
お駄賃としてラジコンカーをもらう。
実は中に犯罪集団が隠した国防省の機密チップがあったのだ。
アレックスはその事に気づき、みんなに危険を知らせるが
誰も信じてくれない。
犯罪集団が忍び寄る中、アレックスは自分ひとりで
立ち向かう事を決意したのであった・・・・・!


ホーム・アローンといえば、マコーレー・カルキン。
マコーレー・カルキンといえば、ホーム・アローンですが、
今回からキャストが変わりました。
まあ、カルキン君18歳で立派な大人ですから
チビッコが悪者を撃退!ってストーリーは無理ですわな。

身近にある物を使って悪いヤツを撃退するってのは
観てておもしろいです。
上から何かが降ってくるって言うのは
子供にとっては鉄板ギャグですね。
うちの長男はゲラゲラ笑いながらみてました。


マコーレー君、今頃何やってるんでしょうね・・・・・。


posted by マミイ at 23:02| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カルキン君は、かろうじて(笑)俳優続けているみたいですね。ただ、鳴かず飛ばずみたいです。
Posted by 蔵星 at 2008年10月27日 00:55
子役からの脱皮ってすごく難しいんでしょうね。
ハマリ役であればあるほど役の呪縛から抜け出せないし、
ドラッグやらの誘惑も多いだろうし。

30過ぎて男の色香が出てきたカルキン君、
ちょっと想像できないですが
観てみたいな〜と思います。
ま、私は弟のキーラン・カルキン君が好きなのですが。
Posted by マミイ at 2008年10月27日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。