2008年10月16日

主人公は・・・・・


主人公は僕だった 原題:STRANGER THAN FICTION
製作2006年 アメリカ 監督:マーク・フォスター
脚本:ザック・ヘルム
出演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン
マギー・ギレンホール


主演がウィル・フェレルなのでコメディだと思っていたのですが
ハート・ウォーミングなお話でした。
ほっこりしたい人におすすめ。

(あらすじ)
ハロルド・クリックは国税庁に勤める真面目な人間。
ある日自分をナレーションする女性の声が聞こえるようになる。
自分が小説の主人公で、女性は語り手である事に気づいた
ハロルドは文学の専門家ヒルバード教授にアドバイスを求める。
果たして、彼の小説は喜劇なのか、悲劇なのか・・・・・。


誰しもが自分の人生という小説の主人公です。
でも、ハロルドの場合は他に「語り手」という存在がいる。
語り手は主人公より一歩先を行って、全てを知っています。
自分の人生がどうなるか、他人が知ってるなんて
怖いと思いませんか?

四角四面でクソがつくほど真面目な主人公を
ウィル・フェレルが好演していました。
アレをもうちょっとどぎつくすると、普段のウィルの
コメディになっちゃうのですが、ほどよく
抑えられているので平凡な男にちゃんと(笑)見えました。

マギー・ギレンホールはおばちゃん顔だけど
(私より年下とは思えない・・・・)
いい雰囲気だしてました。
さすが、ジェイクの姉ちゃん!
この姉弟は大好きです♪

エマ・トンプソンのヘビー・スモーキングな作家もよかったし、
何考えてるかホントのところはわかんない
ダスティン・ホフマンの教授もよかったです。
あと、『恋とスフレと娘とわたし』にも出てたトニー・ヘイル。
今回はハロルドの友人役でした。
ちょっと神経質だけど気が弱そうな役が上手!


登場人物それぞれが魅力的なお話でした。
だって、みんな、自分の小説の主人公なんだもんね。
・・・・・これを読んでるあなたもそうですよ!!!


posted by マミイ at 07:29| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう。
主役は僕なんです。

もう照れちゃいます。

まさか主役になれるとは思っていなかったんです。

自分の人生の主役は自分なんだから、真っ直ぐに、楽しく生きようぜ!

そんな映画なんですね。
ステキです。

ありがたいですよね。

名作ですよ。
これ。
Posted by shit_head at 2008年10月16日 11:19
shitさんも立派な主役ですよ〜。
しかも、あんなに人気者ではないですか!!

ホント、これはステキな映画でした。
私もこれから自分に正直に生きます!
少しずつ、エロも出しながら・・・・・笑。
Posted by マミイ at 2008年10月16日 14:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。