2008年10月05日

展開は無理矢理だけど、やはり熱い


男たちの挽歌U 英題:A BETTER TOMORROW U
製作1987年 香港 監督:ジョン・ウー
脚本:ツイ・ハーク、ジョン・ウー
出演:チョウ・ユンファ、ティ・ロン
レスリー・チャン、ディーン・セキ


前作からの続きものです。
前作でチョウ・ユンファが壮絶なラストシーンを迎えたので
今回は出番がないだろうと思っていたら
大活躍だったのでビックリしました。

(あらすじ)
投獄中のホーは紙幣偽造団壊滅をもくろむ警察に
潜入捜査を依頼され、弟キットのために引き受ける。
相手はホーの師匠であるルン。
ルンは足を洗ったというが・・・・・。


一度犯罪者と言う烙印を押されると
人はその罪をあがなう事はできないのでしょうか?
悪人だったものが善人となるには生きにくい世の中です。
まっとうに生きようと努力しても報われない様を
見るのはつらいですね。
(まあ、きつい事を言えば自業自得なのかも。
実際に改心したと言われてもどこまで信用していいのか
戸惑ってしまいますし。)

ルンはディーン・セキが演じています。
ディーン・セキはジャッキー・チェンの○○モンキー
なんかで出てくるちょっと意地悪でコミカルな
兄弟子や師範の役をしている人です。
今回はホクロの毛をのばしてないのでわかりにくいかも!?
とにかくディーン・セキの演技がよかったですね。


いきなり双子の弟が登場したり、とか
手榴弾の火薬の量が尋常じゃない、とか
少しぐらい撃たれても死なない、とか
真面目なんだかフマジメなんだかわかんないですが
それでも男たちは今回も熱かったです。
ホントにね、わかりやすい罠にはまりすぎなんですよ!(爆)
まあでも、そこまで純粋だからこそ熱い映画なのかも。


posted by マミイ at 14:21| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。