2008年09月25日

ナニゲに豪華な出演陣


フリントストーン モダン石器時代
製作1994年 アメリカ 監督:ブライアン・レヴァント
脚本:トム・S・パーカー、ジム・ジェニウェイン、
スティーブン・E・デ・スーザ
出演:ジョン・グッドマン、エリザベス・パーキンス


アメリカのアニメ『原始家族フリントストーン』の実写化です。
私はそのアニメ自体は観たことないのですが、
なんとなく世界観が想像できました。
出演陣がナニゲに豪華なんでビックリしました。


(あらすじ)
モダンな石器時代に生きるフリントストーンと
隣に住むバーニーは子供の頃からの親友で今も同じ職場。
フリントストーンはバーニーの養子縁組のために
妻に内緒で金を出してあげ、バーニーは恩返しとして
職場の昇格試験が全くできなかったフリントストーンと
自分の答案を内緒で取り替えるが・・・・・。


原始時代の世界観がステキです。
車のカタチしてるけど、結局は足でこがなきゃいけない、とか。
シャワーがマンモスの鼻とか残飯処理機が豚?って・・・・笑。

キャラもアメリカのギャグ漫画っぽいです。
ジョン・グッドマンはきっと、フリントストーンに
似てるんだろうな〜と思いました。
元々おちゃめでアニメっぽいし!?
新聞に写真(イラスト)が載るシーンがあるのですが、
原画ととってもよく似ていました。

フリントストーンの親友で不器用な男バーニーは
リック・モラニスでしたが、彼はうだつのあがらない男を
演じさせたら天下一品ですね!
嫌味な義母にエリザベス・テイラー・・・アッパレです。
ここまでやってくれるの!ってビックリしました。
ある意味必見かも!?
カイル・マクラクランは悪役っぽいし、
秘書役のハリー・ベリーはセクシー。
王道というか、ベタというか・・・・安心して楽しめます。


アニメの実写版だけどギャグの内容としては
サラリーマンのぼやきとか、横領とか成り上がりとか
お子様にはちょっと難しいかも。
元々のアニメもこんな感じなのかな〜。


posted by マミイ at 13:26| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。