2008年09月24日

命を奪うもの、育むもの


グリーンフィンガーズ 原題:GREENFINGERS
製作2000年 イギリス・アメリカ 監督:ジョエル・ハーシュマン
脚本:ジョエル・ハーシュマン
出演:クライブ・オーウェン、ヘレン・ミレン


実話が元になっている話だそうです。
刑務所とは思えない暮らしっぷりにビックリしました。
園芸好きな人にはオススメの作品かも。
土いじり、庭いじりって心癒されるしいいものです。
コンテストにたくさんの素敵なお庭が出てきます。
イングリッシュ・ガーデン・・・・いつか本場に行ってみたいな〜。

(あらすじ)
心を閉ざしているコリンは服役中。
高い塀のない開放的な更生刑務所に移送された後も、
人と関わらずに生活している。
クリスマスに老囚人ファーガスに花の種をプレゼントされ、
隠れていた園芸の才能に気づく・・・。


庭と一口に言っても色々な種類があります。
野草の庭、匂い立つ庭、菜園、ロックガーデン・・・・
どれもその人らしさが現れます。

命を奪い去るのは一瞬だけど、
作り出すのはとっても苦労します。
園芸も子育ても同じかも。
愛情をこめて育てると植物はそれに応えてくれます。
(愛情をかけすぎるとダメになっちゃうのも同じかも!?)
苦労して育て、花開いた時は感無量です。
素敵な庭を作る人に悪人はいない!と思いました。
罪を犯した彼らですが、きっと改心していると思います。

主人公のコリンが恋する女性プリムローズは
日本語で桜草という意味なのだそうです。
コリンの好きな庭は野草の庭。
プリムローズは名前の通り、清楚で控えめで
コリンが好きになったのがわかる気がしました。
(大人しすぎてフツウの映画だとヒロインには
不適かもしれないというほどでした。)

ヘレン・ミレンもあっぱれでした。
私は最近ガーデニングに興味を持ったので
あまり詳しい事は知らないのですが、
園芸番組の司会者ってあんな感じだろうな〜と思いました。


本作とは関係ないですが、「みどりのゆび」という
フランスの児童文学があります。
こちらは全くのファンタジーで
少年がもつ「みどりのゆび」であらゆる物に
思い通りの草花を咲かせる・・・・というお話です。

こちらは映画と違ってハッピーエンドとはいえないかも
しれませんが、とってもいいお話なので
興味のある方はぜひ。


posted by マミイ at 12:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。