2008年09月20日

運命に翻弄されて


オリヴァ・ツイスト 原題:OLIVER TWIST
製作1947年 イギリス 監督:デヴィッド・リーン
原作:チャールズ・ディケンズ
脚本:デヴィッド・リーン、スタンリー・ヘイズ
出演:アレック・ギネス、ロバート・ニュートン
ジョン・ハワード・デイヴィス


チャールズ・ディケンズの小説が原作です。
ディケンズって言ったら『クリスマス・キャロル』が
有名なような気がします。(私はどちらも未読ですが。)
原作が読んでみたくなりました。

(あらすじ)
救済院で問題児扱いされているオリヴァ・ツイストは
奉公に出されるがやがてロンドンに逃げ出す。
ロンドンの孤児に出会ったオリヴァは
窃盗団を率いるフェイギンの元に連れて行かれ・・・・・。


オリヴァ少年、青白いです。薄幸です。
主人公の割にはあまり自分を出さなくって
いっつも周囲に流されてしまいます。
その辺がお金持ちの老人や乳母の心をキュンとさせたのかも!?

オリヴァ少年役のジョン・ハワード・デイヴィスは
TV版Mr.ビーンの監督さんなのだそうです。
この頃はコメディなんて微塵も感じさせないので
(役柄上あたりまえなのですが。)
ビックリしました。

悪党のフェイギン、めっちゃ雰囲気や顔が怖くって
絶対に捕まりたくない!と思いましたが、
後のスター・ウォーズ、オビ=ワン・ケノービ役の
アレック・ギネスさんなのでした。

イギリスでは超有名なのでテレビシリーズや映画が
何作も作られています。
2005年にロマン・ポランスキー監督も作っているので
それはまた今度観てみようと思ってます。
本作はモノクロだったので、カラー版の
オリヴァがどんな感じになってるか、気になります。


本作のお話は唐突でちょっとわかりにくい部分もありました。
なんでナンシーが急にオリヴァに肩入れするようになったのか
いまだによくわかっていません。
また今度原作に挑戦してみたいと思います。


posted by マミイ at 20:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。