2008年09月16日

設定がいい


キャット・ピープル 原題:CAT PEOPLE
製作1942年 アメリカ 監督:ジャック・ターナー
脚本:ドゥウィット・ボディーン
出演:シモーヌ・シモン、ケント・スミス


1981年のリメイク版を先に観ていたのですが、
本作は作られた時代が時代だけにキスもご法度です。
流血も何もなく、今の時代ホラーとは呼べないかもしれないですが
見えないからこそ逆に恐怖感をそそられる部分もありました。

(あらすじ)
オリバーは動物園の黒豹の檻の前にいた女性イレーヌを
一目見て恋に落ち、積極的にアタックして結婚する事となった。
しかし、彼女は不安に満ちており、肉体的関係を持つと
豹になり男を食い殺すという自分の一族の
悲しい出生を語りだすが・・・・・。


猫顔女優さん、あっぱれです。
ホントに猫系の獣に変身しそうな雰囲気が
憂いをふくんでいていいです。
途中は本当に変身するのか、はたまた彼女の妄想なのか
ちょっとわからないところがゾクゾクします。

冒頭にも書きましたが、
エロいシーンも、豹が人を襲うシーンも
直接的な描写はないので、全体的におとなしめな印象ですが、
主人公のココロの動きなどはよかったです。
ホラーというよりは悲恋ものかもしれない・・・・。


posted by マミイ at 06:14| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。