2008年09月09日

夢がいっぱい、だけど


夢のチョコレート工場
原題:WILLY WONKA & THE CHOCOLATE FACTORY
製作1971年 アメリカ 監督:メル・スチュアート
原作:ロアルド・ダール
脚本:デビッド・セルツァー
出演:ジーン・ワイルダー、ピーター・オストラム


ロアルド・ダール「チョコレート工場の秘密」の映画化です。
ティム・バートン版の方がより原作に忠実ですが、
この時代にここまでの事ができているのは十分すごいと思いました。

(あらすじ)
家が貧しくてご飯もまともに食べられないが
家族思いで心の優しいチャーリー少年は
ワンカのチョコレート工場がある町に住んでいる。
ワンカのチョコレート工場には誰も入った事がなく、
誰も出てきたのを見たことがない。
ある日チョコレートに工場への招待券が入っていると報じられ、
世界中の人がチョコを買いあさるが・・・。


色使いなどはおとなしめですが、
教訓もたっぷりちりばめられていてオススメの逸品です。

不思議で素敵なお菓子に囲まれて夢がいっぱいだけど、
ルールを破るとどうなるか・・・をきちんと教えてくれます。
でも、「子供だけが悪いのか。」
「こうなったのは誰のせい?パパとママのせい。」
・・・・と、親としては耳の痛い部分もあります。
子供に罪はないです。
子供の言うなりになるだけでなく、
親が教えなきゃいけないルールはきちんと教えないといけない。
子供よりも親が観たほうがいいのかも!?


ロアルド・ダールの原作がおもしろいので
ぜひとも機会があれば読んでほしいです。
柳瀬尚紀さんの訳がおもしろいです。
子供たちの名前も作者はバッチリ言葉遊びしているので
その辺も最後に解説されています。


posted by マミイ at 13:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。