2008年08月25日

キホンはおんなじ


おわらない物語 アビバの場合 原題:PALINDROMES
製作2004年 アメリカ 監督:トッド・ソロンズ
脚本:トッド・ソロンズ
出演:エレン・バーキン、ジェニファー・ジェイソン・リー


作り方が独特で知らないとビックリしてストーリーを追えないかも。
主人公アビバは12歳ですが、それをさまざまな人種、年齢の人たちが
演じています。
見た目がどんなに変わろうともキホンはおんなじ、
それでもアビバはアビバなのです。

(あらすじ)
アビバはたくさん子供を産む事が夢だが、
12歳で妊娠し親に中絶を強要される。
その後アビバは家を飛び出すが・・・・・。


冒頭、アビバの従妹のお葬式から始まりますが、
トッド・ソロンズ監督デビュー作の
『ウェルカム・ドールハウス』の主人公らしいです。
きっと細かい設定があるのだと思いますが、
私は観たことがないのでわかりません。
(知らなくても大丈夫です。)

アビバの気持ち・・・・実はあんまりわかりません。
夢見る事にウットリするのは若さゆえで
否定する事はしませんが、やはり子供が絡むと・・・・。
子供は当然ですが、ペットではないですし
産むまでも大変だけど産んでからはもっと大変です。
精神的にも経済的にも自立できていない子供が
子供を産もうとすることは私は受け入れる事はできません。
だからといって、中絶していいのか・・・・・
答えは本当に難しいですね。

アビバはとっても純粋、ピュアです。
物事を静かに何でも受け入れる事ができます。
その辺はとってもオトナです。
ピュアでいるのに、大人びている・・・・・
一見相反するような要素ですが、
実は誰もがそういう部分を持っていると思います。
それを監督は様々な外見という手法で
表現したかったのかもしれません。

ちなみに原題のPALINDROMESは回文という意味で
どっちから読んでもおんなじ、
AVIVAの名前も回文になっています。


posted by マミイ at 22:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。