2008年08月15日

野性味あふれるオトコ


ウルフ 原題:WOLF
製作1994年 アメリカ 監督;マイク・ニコルズ
脚本:ジム・ハリソン、ウェズリー・ストリック
出演:ジャック・ニコルソン、ミシェル・ファイファー
ジェームズ・スペイダー


素のままで十分にワイルドな顔のジャック・ニコルソンが
半人半妖の狼男になってしまいます。
『キャットピープル』みたいなホラーではなく、
どっちかというとドラマがメインではありました。

(あらすじ)
編集局長のウィルは出版社の合併によりクビ寸前。
ウィルはある満月の夜に狼に噛まれてしまう。
その後、嗅覚や聴覚が異常に鋭敏になり・・・・・。


ジャック・ニコルソンがちょっと毛深くなったくらいじゃ
全然フツウと変わらないですね。
鼻や耳をヒクヒク動かすのも普段からできそう!?
そんなこんなで狼男には敵役かもしれません。
ただ、いかんせん年齢が・・・・・。
新社長の娘と恋に落ちるのですが、
娘役のミシェル・ファイファーもキレイですが、
ちょっとアダルティ〜。
30代と50代の恋愛・・・・・そんなに甘いものはなく
ロマンチックな印象はありませんでした。(失礼)

部下のジェームズ・スペイダーは
『セックスと嘘とビデオテープ』でもそうだったのですが、
本心が読めない愛想笑いっていうか、うすら笑いっていうか
そういう表情がうまいですね。
・・・・・・好きです。


狼は模型である事がすぐにわかる作りです。
ディズニーのドラマ『サブリナ』に出てくる黒猫みたいな感じ
・・・・・・って知らないですかね。
(劇中ではあまり登場せず、ジャック・ニコルソンが
走って飛んで鹿などの獲物を追いかけます。)
怖いとちっとも思わなかったので、
純粋なホラーではないような気がします。
かと言って恋愛モノでもないような・・・・・・
半人半妖を扱ってるからか!?
ちょこっと中途半端な感じです。


posted by マミイ at 07:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。