2008年06月29日

一粒で・・・・二度おいしい!?


オーロラの彼方へ 原題:FREQUENCY
製作2000年 アメリカ 監督:グレゴリー・ホブリット
脚本:トビー・エメリッヒ
出演:デニス・クエイド、ジム・カヴィーゼル


邦題やあらすじで感動のドラマものかと思っていたのですが、
すんごい色々とつめこんであってビックリしました。
そのせいか、実は感動は少なめ・・・・かも!?

(あらすじ)
ニューヨークにオーロラが出現した1969年、
消防士のフランクは愛する妻と息子ジョンとともに
幸せに暮らしていた。
時は過ぎ1999年、フランクは殉職し、
ジョンは成長し刑事になっていた。
ある日ジョンは父の形見である無線機を見つけ動かしてみる。
なんと交信相手は30年前の父であった・・・・・。


過去をいじるとどこかにひずみが生じる。
それでもヒトはあの時こうしていたら・・・・という思いを
実行できるなら、迷わず使ってしまうと思います。

前半は感動のドラマなのですが、
人生が変わってからの後半は驚きの展開でした。
ラストはアメリカっぽいな〜って感じがしました。
誰かが幸せになると、他の誰かが不幸になってしまい
(それは語られる事はありませんが)
世の中は均衡を保とうとするのでしょうか・・・・・。

まあとにかく、ジム・カヴィーゼルが好きな私としては
大満足な映画でした。(笑)
やっぱ、好きな人には笑っていてほしいですから。


posted by マミイ at 21:15| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。