2008年06月25日

ちょっと薄っぺらかったような


人間の証明
製作1977年 日本 監督:佐藤純彌
原作:森村誠一
脚本:松山善三
出演:岡田茉莉子、松田優作、ジョー・山中


前に漫画で読んだ事があります。
西条八十の詩が印象的でした。
でも壮大なタイトルだったけど、
私にはあまり伝わってきませんでした。

(あらすじ)
華やかなファッションショーが開催されている
ホテルのエレベーターで黒人男性が刺殺された。
彼は死ぬ間際に「ストーハ」という謎の言葉を残し
西条八十の詩集を持っていた。
事件を調べていくうちに刑事は・・・・・。


戦後の混乱や人種差別、色々な感情がある中で
人が生きていくとはどういうことか、という
テーマがあるのはわかるのですが
私には伝わってこなかったです。

東京とNYを舞台にインターナショナルな展開を見せつつも
西条八十のノスタルジックな詩が全体を覆う・・・・
という作品の雰囲気はよかったのですが。
ファッションショーとかディスコのシーンが
異様に長くて疲れてしまいました。


そうそう、キャストがとっても豪華で
うわっ、この人が出てる!とビックリしながら観ました。
松田優作はよかったけど、つながりとして必要だったのかは
少し疑問が残るし、ラストもあれで終わりかぁ・・・と
思ってしまいました。


やっぱ、原作を読まないといけませんかね。


posted by マミイ at 09:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。