2008年06月15日

人を裁く事の難しさ


12人の優しい日本人
製作1991年 日本 監督:中原俊
脚本:三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ
出演:塩見三省、相島一之、梶原善、豊川悦司


三谷幸喜主宰の劇団の舞台の映画化です。
タイトルからもわかるように
『十二人の怒れる男』がモチーフになっています。
日本人らしい作りもあって、真面目だけど笑えるし
『怒れる〜』が好きな私でも満足できました。

(あらすじ)
殺人事件の陪審員として12人が集められた。
議論もほとんどせずに被告は無実で決着しようとしたが、
一人が「話し合いをしなければ!」と有罪を訴える。
全員一致で評決に達しなければならず・・・・・。


ストーリーの進行はほぼ『十二人の怒れる男』と同じです。
舞台は評議室?で熱い議論がかわされるのみです。
でも、タイトルにあるように「日本人」なのです。
被告が有罪だろうが無罪だろうが自分には関係ないという人、
大多数の意見に流され自分の意見を持たない人、
信念を持っているように見えてただ頑ななだけの人
・・・・・・とか日本にも陪審員制度が導入されたら
もしかしたらこういうやり取りが行われるかも、と
思ってしまいました。
被告がかわいそうだからという理由で無罪なんて
日本人は言いそうじゃないですか?

人が人を裁くと言うのはとても難しい事です。
我が子の兄弟げんかの仲裁すら
中立に行えてるのかどうか疑問な私ですから。
どんなに話し合いをしても机上の空論、
推論の域を出ることは不可能です。
でも、それでも被告や原告の事を考え話し合う事は
とても大切な事であり、それが陪審員の使命なのだと思います。


裁判員制度が導入される頃に地上波で放送されるかも!?


posted by マミイ at 23:35| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画に伊藤俊人さん出てたかな?
91年の映画だったら西村雅彦さんがまだブレークしてないから、いろんな脇役さんが出ていそうだね

探してみるね〜
Posted by ナベッチ at 2008年07月01日 21:42
伊藤さんは出てなかったと思う。
(出てたら名前を書いてると思うから。)
私はあまり演劇の事はよくわかっていないから
知らない人ばかり出てたような気がする。
(↑に書いたけど、塩見三省という人は
実はよく知らない。)

なかなかおもしろかったから
ぜひぜひ、探してみてね〜♪
Posted by マミイ at 2008年07月02日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。