2013年03月31日

愛がつまった映画

忘却エンドロールの宵乃さんの記事を読んだら
またもや再見したくなったので『エド・ウッド』を借りてきました。

映画への愛、監督への愛にあふれるいい映画でした。
過去記事に追記してますので、よろしければご覧ください。

過去記事はコチラ
posted by マミイ at 08:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 再見記事お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

小鳥と鳥かご

うちの姉が「(500)日のサマー」を観てみたいと言っていたので
私も再見してみることにしました。

主演二人が好き・・・っていうのもありますが、
私は割とこういう映画って好きかもしれません。

過去記事はコチラ

posted by マミイ at 06:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 再見記事お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

雰囲気が一緒!

stepbrother.jpg
俺たちステップ・ブラザーズ-義兄弟- 原題:STEP BROTHERS
製作2008年 アメリカ アダム・マッケイ
脚本:ウィル・フェレル、アダム・マッケイ
出演:ウィル・フェレル、ジョン・C・ライリー、
メアリー・スティンバージェン、リチャード・ジェンキンス、
アダム・スコット


他とは何の関係もないウィル・フェレルの「俺たち」シリーズ。
予告がおもしろそうだったので観てみる事にしました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:20| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

最後のライブがいい!

サラウンドに嵌った男のブログのtake51さんに
レニー・セルウィガー出演作品なら
「エンパイア・レコード」がいいですよ!とオススメしてみたものの
実は内容をあんまり覚えていなかったので再見してみました。
(take51さん、ごめんなさい(^^;)

でも、前に観たときよりおもしろく感じました。
音楽もよかったです。
(イヤホンでガンガン大音量で聴けたからかしら。)
再見できてよかった!!
そして、ますますレニー・セルウィガーが好きになりました。
いつも通り、過去記事に追記していますので
よろしければごらんください。

過去記事はコチラ
posted by マミイ at 07:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 再見記事お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

邦題でスルーしないで!

忘却エンドロールの宵乃さんの再見記事を読んでいたら
私も再見したくなったので
「バス男」を借りてきました。

やっぱりおもしろかったです!
どんなお話かわかっているからか、今回の方が笑えました。
過去記事に追記していますので、
よろしければ読んでみてください。

過去記事はコチラ

posted by マミイ at 09:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 再見記事お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

愛しき人よ

ジュリエット.jpg
愛人ジュリエット 原題:JULIETTE OU LA CLEF DES SONGES
製作1950年 フランス 監督:マルセル・カルネ
出演:ジェラール・フィリップ、シュザンヌ・クルーティエ、
ジャン=ロジェ・コーシモン


予備知識なしで鑑賞しました。
とっても不思議なお話でした。
でも、不気味でもなんでもなく、受け入れることのできる不思議さです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 06:50| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

パソコンで初めてのお絵かき

ookami.jpg
HNI_0001.JPG
いつもお世話になっている忘却エンドロールの宵乃さんが
イラストを描く工程を記事にしていらっしゃって
マウスで描いていると知って驚愕しました!
着色はAzPainter2をお使いとの事で、
こっそり!?真似してダウンロードしてみました。

ちょうど「おおかみこどもの雨と雪」のアニメ映画を観たところで
色鉛筆で彩色して花の優しさを表現してみようとしてみたものの、
やっぱアニメならパキッとアニメ塗りしてみたいなぁと思っていたところなので
原画はこれを使いました。

続きはコチラ
posted by マミイ at 08:07| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

伝わらないもどかしさ

次男が観たいと言ったので、久しぶりに
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」を借りてきました。

今回は伝わらない、他人と通じあえないもどかしさを
強く感じました。

その他感想は過去記事に追記していますので
よろしければご覧ください。

過去記事はコチラ
posted by マミイ at 10:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 再見記事お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

大丈夫、大丈夫

HNI_0001.JPG
おおかみこどもの雨と雪
製作2012年 日本 監督:細田守
原作:細田守
脚本:細田守
声の出演:宮崎あおい、大沢たかお


最近1ヶ月遅れとなってしまっている
my ブログDEロードショーです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 14:11| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(2) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

魂が同じように感じるなら 振り返ることはない

HNI_0001.JPG
ブルーバレンタイン 原題:BLUE VALENTINE
製作2010年アメリカ 監督:デレク・シアンフランス
脚本:デレク・シアンフランス、ジョーイ・カーティス、
カミ・デラヴィン
出演:ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ


セピア色の映画手帳の鉦鼓亭さんに教えてもらっていた映画。
やっと観ることができました。
(ネタバレありますので、未見の方はご注意を!)

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 21:05| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

想いを受け止める

遅ればせながら1月のブログDEロードショーだった
「七人の侍」をやっとこさ観る事ができました。

今回も時代劇にどっぷりはまって観る事ができました。
一つ一つのセリフ、表情に無駄がないので
あれだけの長時間を長いと感じないのでしょうね。

過去記事の一番下に追記していますので
よろしければご覧ください。

過去記事はコチラ
posted by マミイ at 06:18| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ DE ロードショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

こんなんでも、いいかも♪

HNI_0053.JPG
紀元1年が、こんなんだったら!? 原題:YEAR ONE
製作2009年 アメリカ 監督:ハロルド・ライミス
脚本:ハロルド・ライミス、ジーン・スタプニツキー、
リー・アイゼンバーグ
出演:ジャック・ブラック、マイケル・セラ、
ジュノー・テンプル、ジューン・ダイアン・ラファエル、
オリビア・ワイルド、オリバー・プラット


ジャック・ブラックが出ていると
無条件で観たくなってしまいます。
邦題通りの軽いノリで楽しめました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

理由があるからここにいる


ユゴーの不思議な発明
ブライアン・セルズニック:著 金原瑞人:訳
アスペクト:発行


映画「ヒューゴと不思議な発明」を観て
疑問に思って解決できなかった点があったので
原作を読んでみました。

挿絵と言っていいのか・・・
膨大なモノクロのイラストが載っていて
とても空想しやすかったです。
(ベン・キングスレーもエイサ・バターフィールドもイラストそっくりでした。
C・G・モレッツはちょっとイメージが違いました。
モレッツちゃん、美しすぎ・・・・・。)
同じ構図で段々とアップになっていくイラストは
ある意味とても映画的で、本当に迫っているようにもみえました。
ところどころ、本物のメリエス氏の写真やイラストが
使用されているのもとてもよかったです。

物語は二部構成となっており
一部はからくり人形を直すまで、二部はその後の物語です。
そして、映画ではわからなかった点がきちんと説明されていました。
(イザベルの実の両親の事、
ユゴーの夢で機関車が出てきた理由も説明がされていました。)
映画はちょっと都合が良すぎる展開もあったのですが
(ファンタジーだからいいのかな。)
原作では整合性があっていて納得できました。

映画と違うラストもとてもよかったです。
読み終わった後で、改めてこの物語を思い返してみたら
とても深い感動が押し寄せてきました。


映画でも原作でも、
「ボク」が存在する理由というのがきちんと描かれているので
少年少女にぜひ観てもらいたい、読んでもらいたい作品だと思います。

posted by マミイ at 08:02| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画原作本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

人となりはわからなかったけれど

HNI_0052.JPG
クリムト 原題:KLIMT
製作2006年オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス
監督:ラウル・ルイス
脚本:ラウル・ルイス
出演:ジョン・マルコビッチ、ヴェロニカ・フェレ
サフロン・バロウズ


クリムトの絵画は「接吻」ぐらいしか知らなかったのですが、
マルコビッチ主演だし、なんとなく気になったので観てみました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 06:37| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

憎めない人物

HNI_0049.JPG
リプリーズ・ゲーム 原題:RIPLEY'S GAME
製作2002年 イタリア・イギリス・アメリカ
監督:リリアーナ・カヴァーニ
原作:パトリシア・ハイスミス
脚本:リリアーナ・カヴァーニ、チャールズ・マッケオン
出演:ジョン・マルコビッチ、ダグレイ・スコット、
レイ・ウィンストン


『リプリー』の再見がよかったので、一応続編というか、
20年後の世界を描いた本作を観てみることにしました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 07:24| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

親子愛に涙

HNI_0042.JPG
ネバーエンディングストーリー第2章
原題:THE NEVERENDING STORY II: THE NEXT CHAPTER
製作1990年 アメリカ・ドイツ 監督:ジョージ・ミラー
(注:マッドマックス等のジョージ・ミラーとは別人です)
原作:ミヒャエル・エンデ
脚本:カリン・ハワード
出演:ジョナサン・ブランディス、ケニー・モリソン、
クラリッサ・バート


世間的にはあんまり高評価ではなかったような気がするので
なんとなく敬遠していた作品ですが、
今回のファンタジー企画で原作も読んだことですし
挑戦してみる事にしました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 05:47| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

不思議な縁

HNI_0041.JPG
ブルーベルベット 原題:BLUE VELVET
製作1986年 アメリカ 監督:デビッド・リンチ
脚本:デビッド・リンチ
出演:カイル・マクラクラン、イザベラ・ロッセリーニ
デニス・ホッパー、ローラ・ダーン


セピア色の映画手帳の鉦鼓亭さんから
『ブルーバレンタイン』がオススメと言われていたのに
間違って借りてきてしまいました。凹
しかも、再生するまで気がつかなかったという私って・・・・・orz

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:32| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

オトコって・・・・・・・

HNI_0040.JPG
マクロスプラス MOVIE EDITION
製作1995年 日本 総監督:河森正治
監督:渡辺信一郎
声の出演:山崎たくみ、石塚運昇、深見梨加


昨年に初めて劇場版『マクロス』を観たので
せっかくだから『プラス』も観てみる事にしました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 02:02| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。