2011年11月30日

リアリティが感じられない


アウェイ・フロム・ハー 君を想う
原題:AWAY FROM HER
製作2006年 カナダ 監督:サラ・ポーリー
原作:アリス・マンロー
脚本:サラ・ポーリー
出演:ジュリー・クリスティ、ゴードン・ビンセント、
オリンピア・デュカキス


もうそろそろ、病気や障害がテーマの映画を
「泣ける映画」とか言うのをやめてほしいです。
何に対して泣くのでしょうか?
「かわいそう」だから?
自分がその立場にいなくてよかったって思う事でしょうか。


ストーリーと感想はコチラ


posted by マミイ at 11:06| 大阪 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。