2011年09月07日

子どもはとっても大切な宝物

女はそれを待っている 原題:NARA LIVET
製作1958年 スウェーデン 監督:イングマール・ベルイマン
原作:ウルラ・イザクソン
脚本:ウルラ・イザクソン
出演:イングリッド・チューリン、エヴァ・ダールベック、
ビビ・アンデショーン


Google翻訳で原題を英語になおすと「Brink of Life」
日本語に訳すと「生命の危機にひんし」となります。
出産って今まで何人かの人に話を聞いたことがありますが、
どの人の話もドラマチックだし、
何人かは本当に生命の危機に瀕しています。
生命を生むという行為は本当に命がけなのです。

ストーリーと感想はコチラ


posted by マミイ at 01:59| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。