2011年02月28日

運命とは



今日は本の紹介です。
お察しの通り、私は映画が好きですが、
この本は映画化してほしくありません。

砂漠の王国の王子が嫉妬からある男の人生を
めちゃめちゃにしてしまう事からお話は始まり
色々なテーマが隠されている冒険小説なのですが、
人の運命について考えさせられます。


「運命」って言葉は
実は私は今までは好きではありませんでした。
なにか大きな他の力が働いていて
自分は敷かれたレールの上を歩いているような
気になってしまうからです。

でも、この本を読んでからは
運命に対する考え方が変わりました。
自分の未来に対する無限の可能性、
その時、その時において
選択する自分の責任の重大さや
タイミングの重要さを知りました。

ファンタジー好きな人には
ぜひ読んでもらいたい作品です。


posted by マミイ at 23:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。