2008年12月29日

がんばってはいた


椿三十郎
製作2007年 日本 監督:森田芳光
原作:山本周五郎
脚本:菊島隆三、小国英雄、黒澤明
出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、佐々木蔵之介


先に黒澤明のオリジナル版を観ていたので
どんな風にリメイクしたのか楽しみにみました。
あんまり期待せずに観たので、それなりに楽しめました。

ストーリーと感想はコチラ


posted by マミイ at 23:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部劇・時代劇・歴史もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。