2008年03月31日

退屈な日常の繰り返しの中で


恋はデジャ・ブ 原題:GROUNDHOG DAY
製作1993年 アメリカ 監督:ハロルド・ライミス
脚本:ハロルド・ライミス、ダニー・ルービン
出演:ビル・マーレイ、アンディ・マクダウェル


退屈な日常を「文字通り」繰り返している男の物語です。
笑えるだけでなく、深いです。
にもかかわらず、教訓めいたところが一切ない。あっさり観れます。
さすが、ビル・マーレイです!

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 12:20| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

後に残るものは?


親切なクムジャさん 英題:SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE
製作2005年 韓国 監督:パク・チャヌク
脚本:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク


『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』に次ぐ
復讐三部作の完結編です。
・・・・・私は前2作とも未見ですが。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 16:15| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Let's Get Rock!


ロック・スター 原題:ROCK STAR
製作2001年 アメリカ 監督:スティーブン・ヘレク
脚本:ジョン・ストックウェル
出演:マーク・ウォールバーグ、ジェニファー・アニストン


前に一度観たことがあるのですが、今回の方が楽しめました。
やっぱ、Rockっていいっす!

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 08:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

家族のありかた


ザ・ロイヤル・テネンバウムズ 原題:THE ROYAL TENENBAUMS
製作2001年 アメリカ 監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン、オーウェン・ウィルソン
出演:ジーン・ハックマン、アンジェリカ・ヒューストン
ベン・スティラー、グウィネス・パルトロウ、ルーク・ウィルソン、
オーウェン・ウィルソン、ダニー・グローバー、ビル・マーレイ


単純な家族愛の映画ではありません。
カタルシスも涙も笑いも何にもないです。
それなのに、なんか家族っていいなってちょっとだけ思える
・・・・・そんな映画です。
(ちょっとだけかい!!笑)

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 13:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正統派ヒーロー活劇


アラン・ドロンのゾロ 原題:ZORRO
製作1974年 イタリア・フランス 監督:ドゥッチオ・テッサリ
原作:ジョンストン・マッカレー
脚本:ジョルジオ・アルロリオ
出演:アラン・ドロン、オッタヴィア・ピッコロ


二枚目スターアラン・ドロンが主役のアクション映画です。
お話も単純明快でわかりやすくていいです!

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 13:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

あなたも、私も・・・・


マルコヴィッチの穴 原題:BEING JOHN MALKOVICH
製作1999年 アメリカ 監督:スパイク・ジョーンズ
脚本:チャーリー・カウフマン
出演:ジョン・キューザック、キャメロン・ディアス
キャサリン・キーナー、ジョン・マルコビッチ


チャーリー・カウフマン脚本の一筋縄ではいかないお話です。
たくさん登場人物がいるはずなのに、終わった後は
ジョン・マルコビッチのコトしか頭に残りません!?

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 07:39| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高だぜ、ブラザー!


アンダーカバー・ブラザー 原題:UNDERCOVER BROTHER
製作2002年 アメリカ 監督:マルコム・D・リー
脚本:ジョン・リドリー、マイケル・マッカラーズ
出演:エディ・グリフィン、クリス・カッタン、
デニース・リチャーズ


春眠、暁を覚えず・・・・・最近、眠ってばかりの私です。
この映画は眠らずに観ました。
それどころか、爆笑しました!

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 07:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

何のために戦うのか?


パトリオット 原題:THE PATRIOT
製作2000年 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ロバート・ロダット
出演:メル・ギブソン、ヒース・レジャー、クリス・クーパー
ジェイソン・アイザックス、トム・ウィルキンソン


パトリオットで戦争映画だから
勝手に湾岸戦争の話だとず〜〜〜〜っと勘違いしてました。
(ミサイルの名前でありましたよね、パトリオット。)
パトリオットって「愛国者」って意味なのですね。
まあ、それはともかく、164分という長さをあまり感じませんでした。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 07:54| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キラキラ乙女の世界


キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX
原題:LEGALLY BLONDE 2: RED, WHITE & BLONDE
製作2003年 アメリカ 監督:チャールズ・ハーマン=ワムフェルド
脚本:ケイト・コンデル
出演:リース・ウィザースプーン、サリー・フィールド
ルーク・ウィルソン


明るい天然ピンク娘、エルの活躍する続編映画です。
前に誰かの評で「クソ映画」と言われてたのですが
そんなにひどくはなかったです。
(まあ、前作と比べると少しパワーダウンしてますが)

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 07:06| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

人間、前向きでなくっちゃ!


キューティ・ブロンド 原題:LEGALLY BLONDE
製作2001年 アメリカ 監督:ロバート・ルケティック
原作:アマンダ・ブラウン
脚本:カレン・マックラー・ラッツ、キルステン・スミス
出演:リース・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソン
セルマ・ブレア、ラクエル・ウェルチ


テンポがいいし、観ると元気になれる映画です!
主人公が前向きだからいいんでしょうね。
ファッションもピンク・ピンクしてて華やかだし。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 06:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直言って、よ〜わからんです


女の都 原題:LA CITTA DELLE DONNE
製作1980年 イタリア・フランス 監督:フェデリコ・フェリーニ
原作:ブルネッロ・ロンディ
脚本:ベルナルディーノ・ザッポーニ、フェデリコ・フェリーニ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ


女の都ってなんだか演歌のタイトルみたいです。
・・・・・それは女の操!?(古いっちゅ〜ねん)
まあ、それはおいといて、なんかよくわからない内容でした。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 05:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

ホッとする存在


フォーエバー・フレンズ 原題:BEACHES
製作1988年 アメリカ 監督:ゲイリー・マーシャル
原作:アイリス・レイナー・ダート
脚本:メアリー・アグネス・ドナヒュー
出演:ベット・ミドラー、バーバラ・ハーシー


決して美人ではないけれど、この人がスクリーンに出てくると
なんだかホッとします、ベット・ミドラー。
成金で下品な雰囲気すら漂う事もあるのに
根はいい人に違いない!と確信してしまいます。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 18:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

誰のためなのだろう?


二十歳の死 原題:LA VIE DES MORTES
製作1991年 フランス 監督:アルノー・デプレシャン
脚本:アルノー・デプレシャン
出演:ティボール・ド・モンタレンベール、レシュ・レボヴィッチ
マリアンヌ・ドニクール


深いテーマの作品です。
若者が自殺する事よりも残される家族、親族の心情がテーマです。


ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:46| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テンション上がる!!!

projectA.jpg
プロジェクトA 原題:A計劃
製作1984年 香港 監督:ジャッキー・チェン
脚本:ジャッキー・チェン、エドワード・タン
出演:ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー


大好きな映画ですね。当時、映画館にも行きました。
テーマソングも大好きです。
・・・何を言ってるかわからないですが。
最後は「おこげらいすよ〜♪」と聴こえます。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 06:56| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

な〜んか、あたたかい


月の輝く夜に 原題:MOONSTRUCK
製作1987年 アメリカ 監督:ノーマン・ジュイソン
脚本:ジョン・パトリック・シャンリー
出演:シェール、ニコラス・ケイジ


月の魔力に誘われて、なのか
やってる事はかなりハチャメチャだったのですが、
憎らしいキャラはいなくって始終ほんわかした感じでした。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 19:17| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

くだらなさすぎておもしろい


0093 女王陛下の草刈正雄
製作2007年 日本 監督:篠崎誠
脚本:加藤淳也
出演:草刈正雄、嶋田久作


草刈正雄主演のスパイ・パロディ映画です。
「ど〜も、まさかりくさおです。」レベルのギャグが
画面の端々にちりばめられています。
・・・・・オヤジギャグ好きの私は嫌いじゃないです。
時々爆笑しながら観てました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

魂のぶつかりあい


クラッシュ 原題:CRASH
製作2004年 アメリカ 監督:ポール・ハギス
脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ
出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン


主題ではないのですが、人種差別問題がかなり出てくるので
観ていてもあまりピンとこない部分が多かったです。
でも、深くて重い、そしていい映画であることには間違いないです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 15:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ほっとけない!?


ヴェラ・ドレイク 原題:VERA DRAKE
製作2004年 イギリス・フランス・ニュージーランド
監督:マイク・リー 
脚本:マイク・リー
出演:イメルダ・スタウントン


なかなか難しいテーマでした。
終わった後から考えてはいるのですが、
結局まとまりませんでした。
でも、レビュー書いちゃいます。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 06:46| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

何を失い、何を得たのか


エリザベス 原題:ELIZABETH
製作1998年 イギリス 監督:シェカール・カプール
脚本:マイケル・ハースト
出演:ケイト・ブランシェット、ジョセフ・ファインズ
ジェフリー・ラッシュ


高校生の時は世界史選択でしたが、
実際は何があったかってよく知らないんですよね。
こんな人だったのか〜と驚きながら観ました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 00:29| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

いつでもやめられる?


28DAYS 原題:28DAYS
製作2000年 アメリカ 監督:ベティ・トーマス
脚本:スザンナ・グラント
出演:サンドラ・ブロック、ヴィゴ・モーテンセン
スティーブ・ブシェミ


何も予備知識なしでの鑑賞でしたが
なかなかおもしろかったです。
サンドラ・ブロックは今まではそんなに好きではなかったのですが
初めていいな〜と思いました。
(映画が始まってすぐの彼女は・・・だったのですがね、笑)

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:58| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。