2007年04月05日

ドッキドキの緊迫感


十二人の怒れる男 原題:12 ANGRY MEN
製作1957年 アメリカ 監督:シドニー・ルメット
脚本:レジナルド・ローズ
出演:ヘンリー・フォンダ、リー・J・コッブ


このお話、すごく好きなのです。
密室で12人の男たちが話し合うだけで
アクションなんてまるでないのに、ものすごい緊迫感で
飽きることなくグイグイひきつけられてしまうのです。

ヘンリー・フォンダ・・・『黄昏』がめっちゃいいです!
素晴らしい俳優さんですね。


ストーリーと感想はコチラ


posted by マミイ at 19:53| 大阪 ☀| Comment(11) | TrackBack(5) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。